本文へスキップ

ぜったい合格!保育士、保育士の資格取得から仕事・職場など

       資格取得 保育士

保育士と幼稚園教諭の違い/保育士の資格取得を目指す「ぜったい合格!保育士」

保育士と幼稚園教諭の違い


保育園の先生は「保育士」、幼稚園の先生は「幼稚園教諭」、この2つは、全く別なんです。

保育園の先生「保育士」は、厚生省の管轄で、資格です。

幼稚園の先生「幼稚園教諭」は、文部省の管轄で、免許です。

保育士が幼稚園の教諭をすることはできませんし、幼稚園教諭が、保育士の免許を取ることはできません。


先ず、保育士は保育所などの児童福祉施設での活動が中心です。

これらの児童福祉施設で保育士として働くには厚生労働省が定める保育士の資格が必要になります。

これに対して、幼稚園教諭は保育者とも呼ばれ幼稚園での活動が中心になります。

幼稚園は文部科学省が定める正規の学校になるので幼稚園教諭になるには、教員養成課程のある短期大学以上の教育機関で学習し、幼稚園教諭の免許状を取得することが必要です。

子供が好きなだけでは勤まらないのが保育士や幼稚園教諭の仕事です。

知識や体力はもちろんですが、自身の『心磨き』ができることも大切なことかもしれません。

保育士や幼稚園教諭のどちらの仕事をするにしても、子供の気持ちを理解してあげる気持ちが大切です。

とくに保育士として、児童福祉施設で働く場合は更に子供を理解する必要があります。

大人が与える子供への影響を考慮しつつ、子供に悲しい思いをさせないためにも保育士や幼稚園教諭はとても重く、大きい責任を担っています。




資格取得講座

 保育士 通信講座
ユーキャンの保育士講座

教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,900円!!
独学では手に入りにくい! 試験に関係する最新情報もお届け!