本文へスキップ

ぜったい合格!保育士、保育士の資格取得から仕事・職場など

       資格取得 保育士

保育士の役割/保育士の資格取得を目指す「ぜったい合格!保育士」

保育士の役割


現在、保育所では地域に果たす役割も多くなってきています。

保育所が地域において果たすべき役割と、そのできる限界を認識した上で、他の機関と連携をとることも必要です。

具体的には、児童相談所、保健所、福祉事務所、民生委員、児童委員、学校機関、医療機関、警察などかんがえられますが、それぞれが果たす役割・機能を認識し、それぞれの役割・機能を生かしながら、子どもの保育にあたることが大切です。

そのためにも日頃から、関係機関とのつながりを持っておくことが、より有効に連携をとることができます。

さまざまな機関が子育てを支えている中で、保育所ではその拠点となることが期待されています。

子育て中の親子が集える場所や子育てを一緒に学べる場を提供すること、子育ての不安や悩みを共有し、支えていくことなど多様な支援が求められています。


保育士資格をとるには次の3つの方法があります。

1.高等学校卒業後、大学・短期大学・専修学校などの保育士養成機関に入学し、所定の単位を取得して卒業する。
2.大学・短期大学の通信教育または夜間を受け、所定の単位を取得して卒業する。
3.各都道府県が実施する保育士資格試験に合格する。




資格取得講座

 保育士 通信講座
ユーキャンの保育士講座

教材、添削、サポートも全部あわせて月々3,900円!!
独学では手に入りにくい! 試験に関係する最新情報もお届け!